先日テレビ番組・世界一受けたい授業で、舞茸の意外な健康効果が見逃せないという内容が取り上げられていました。マイタケそのものにも健康効果はあるのですが、北海道産のマイタケには、インフルエンザワクチンの効果を倍増させる効果があることがわかったと報じていました。

今年2016年の12月現在、インフルエンザが例年より数週間も早く流行していることが報じられていました。しかしインフルエンザワクチンは不足気味で、早めに予防注射を接種するようにニュースでも報道されていました。

にも関わらず、インフルエンザワクチンはその生成過程から簡単に大量生産できないらしいのです。北海道産のマイタケの健康効果や免疫力アップ効果、ダイエット効果、インフルエンザ予防にどの程度効果があるのかを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

まいたけのインフルエンザ予防効果とは?

テレビで話題になっていたのは、北海道産のマイタケが、インフルエンザの予防接種の効果を更にアップさせると紹介されていました。番組内では具体的な商品名は紹介されなかったのですが、これは「大雪華の舞1号」のことであると推測できます。

北海道産のマイタケ「大雪華の舞1号」にどのような効果があるかというと、インフルエンザ予防のためにワクチン接種をした人が、「大雪華の舞1号」を食べることで、ワクチンの効果を3.5倍に高めるというものです。この舞茸は2015年10月の北海道新聞の記事によると、道立総合研究機構林産試験場が開発した品種です。

今年のインフルエンザは、高熱が出ないことが特徴のようですから、ただの風邪だと見過ごして、どんどん感染が広がってしまうことが懸念されていますね。12月はじめに私も予防接種を受けたのですが、マイタケ「大雪華の舞1号」を食事に取り入れることで、その予防効果が高まるなら、試してみようかとも思いましたが、なんとも私はきのこ・・・嫌いなんでね・・・多分食べません。きのこ好きの方なら、「大雪華の舞1号」は食べるに値するとは思いますよ!

舞茸の健康効果

舞茸で効果的なダイエットできるのか?

できないでしょ!と私は思っています。
舞茸には、体に脂肪を蓄積しにくくする成分が含まれています。「MXフラクション」というもので、神戸薬科大学の研究によると、舞茸だけに含まれている特殊な水溶性の成分で、血中コレステロールを減少させる効果が有ることがわかっています。更に腸の蠕動運動を促進するため、脂肪の吸収を抑える効果も期待できるようなのです。

舞茸は低カロリー食材でもあるのですが、ダイエット効果を期待するなら1日に約50g程度、スーパーで売られているパックの舞茸の半分ほどの量を摂取する必要があります。
ダイエット効果がまったくないとは思いませんが、ダイエットのために毎日50gの舞茸では、飽きますし、栄養の偏りも気になるところです。ダイエットはバランスの取れた食事を摂理ながら、ダイエットに効果的な食材を選ぶようにすることが理想です。

スポンサーリンク

カルシウム吸収率をアップする

マイタケにはビタミンDが非常に豊富に含まれています。ビタミンDはカルシウムとの関わりが大きい栄養素で、ビタミンDとカルシウムを一緒に摂取すると、ビタミンDはカルシウムが骨に沈着するための大きな補助力になります。カルシウム単体で摂取するよりもビタミンDと一緒に摂ると、カルシウム沈着効果は20倍もアップするとされています。

マイタケの免疫力アップ効果|βグルカン

免疫力を高める「βグルカン」という成分があるのですが、これは食物繊維の一種でマイタケに多く含まれていることがわかっています。
βグルカンとは、簡単に言うと体の中の異物を排除したり、異物に対する抗体を生成したりして免疫機能を高める作用がある物質です。免疫機能アップで、今年大流行中のインフルエンザの予防にも大いに役立つと期待されています。

まとめ

きのこ嫌いな私にはちょっと難しいのですが、キノコが嫌いでなければ、北海道産の舞茸「大雪華の舞1号」は取り寄せてでも食べておいたほうがいいかもしれませんね。今年は特にインフルエンザが大流行していますし、インフルエンザワクチンの予防接種を受けた方はなおさら食べておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています