男性の若々しい印象は、ヘアスタイル髪型などではなく「肌の明るさ」がその大きな要因であることが判明したのです。
これは男性化粧品メーカーのマンダムの研究によるもので、同一男性の「肌質」を10年間追跡してわかったことだそうです。

「髪そのもの」や「髪の状態」・「髪型」ではなく「肌の明るさ」によって若く見られるのです。
最近の若い男性は、肌の手入れを欠かさない方も多いようですから、「肌質」が美しく若く見えるための秘訣だということがわかっているのでしょうね。具体的に、男性が若々しい印象を与えるための「明るい肌」とはどんな状態なのか、詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

マンダムの研究成果

40代男性の若々しい印象

40代の男性って、一昔前なら、イメージも含めて「おじさん」と言われる世代かもしれませんが、今どきの40代なんて全然若いです。はい。40代なんてめっちゃ若いです。芸人さんや俳優さんで「40代に突入しました」「もうおっさんですよ~」なんて言ってますけど、ほぼほぼみんな若く見えますよね。一般男性でも同じことだと思います。
それにもかかわらず、40代男性が若々しい印象を持たれるためには「肌の明るさ」が必要であるという研究成果が発表されたのです。

マンダムが30代男性の肌質を10年間追跡

マンダムは男性化粧品メーカーですから、化粧品(スキンケア商品)で、男性の見た目の印象が向上できるかどうかを研究していて、その結果が2017年9月9日に発表されたのです。

男性の若々しい印象は「肌の明るさ」にあり!

どんな研究かというと、同一男性を10年間追跡し、肌質の変化をみます。
10年経つと、肌質は「赤み」が増して、若さを感じる度合いが減ってしまいます。そして若々しさが感じられない大きな要因は「肌の明るさ」が低下していることが分かったのです。

そこで行った実験は、肌質が下がった男性に試験のための乳液を4週間利用させるというもの。その結果は肌の水分量がアップし、肌のバリア機能が向上、さらに肌の明るさが上昇したというのです。

10年経てば男性も女性も肌質はダウンする?

男性はスキンケアしない?

10年も経てば、肌質が変化するのは男性だけではなく女性もおなじはず。ただ、ほとんどの女性は顔や肌のスキンケアに気を使っていると思いますし、実際日々のスキンケアをしています。

男性の場合は、日焼けしても女性ほどにはケアしない、UV対策しないで紫外線の影響を受け放題、肌荒れや乾燥も気にならないしケアしないという方が多いのも事実ですよね。ひげ剃りでけっこう肌にダメージを与えていることにも気づいていません。

スポンサーリンク

男性の正しいスキンケアは?

マンダムの研究では、正しいスキンケアをすることで肌質が改善されて「肌の明るさ」を回復し「若々しい印象」が作られることを明らかにしているのですから、スキンケアをしない手はありませんね。40代後半からでも全然遅くないのです。やるとやらないでは数年後は大違いなんです。女性はこのことをよく知っているんですよ。

正しいスキンケアは「保湿」です。肌のカサツキや小じわ、ちょっとしたシミの対策には肌を潤す「コエンザイムQ10」が有効です。参考までに、40代男性のために開発されたコエンザイムQ10が配合されたフェイスケア商品に「ルシード 薬用フェイスケア乳液」があります。

スキンケア化粧品もいいけど「洗顔」のほうが大切

スキンケア商品もいいですけど、「洗顔」って、とても大切なんですよ。女性の美容はまずは洗顔からという美容家も多いのです。「水」だけの洗顔もかなり肌質向上には有効で、肌の汚れを適度に落として、水で肌を引き締める効果があります。

ちなみに私は「ロゼット洗顔パスタ」を使っています。もう50年以上前からの超ロングセラー商品で、今でも若い人にも人気のある洗顔クリームです。
楽天広告:ロゼット 洗顔パスタ しっとりタイプ 130g[ケンコーコム ロゼット 洗顔パスタ 洗顔フォーム]【あす楽対応】

肌の汚れが落ちてさっぱりしますし、洗顔後も肌がつっぱらず、適度に保湿されています。洗いあがりはツヤッツヤになりますよ。肌の乾燥が気になる場合は、化粧水で適度に保湿するだけです。もちろん肌の明るさもアップしていますよ。多分^^。

まとめ

いやぁ、だからぁ、今どきの40代男性って、よほどおじさんルックじゃなければ、だいたい若く見えますって。だから、50代以降の男性の肌についても研究成果の報告があればいいのではないかと思います。

40代で30代に見られるのと、50代で40代に見られるのとではずいぶん印象が違うはずです。まあ、でも、マンダム製品を使わないとしても正しいスキンケア(保湿)をして、「明るい肌」を保つことで男性が若々しい印象をもたれるなら、とてもすてきなことではありますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています