水素水の健康効果がないことが、国民生活センターの発表で明らかになりましたね。国民生活センターは、2016年12月15日に水素水の健康効果の表示が、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するおそれがあると発表しました。
具体的な内容は、独立行政法人・国民生活センターのHPに記載されていますのでぜひご参照ください。。水素水について、特に水素水の濃度について、販売されている濃度と異なっていたり、全く水素の成分が検出されなかった商品もあったと報告されています。私自身も、水素水には非常に高い健康イメージがあったので、誇大広告に踊らされていたと思います。

スポンサーリンク

水素水に本当に健康効果はないのか?

水素水で活性酸素を除去できる?

水素水とは、単純に「水素」が通常の水よりも多く含まれている水のことで、これを飲むことで体内の活性酸素を除去する効果があるとされているものです。

活性酸素とは、「活性酸素」という文字のイメージからは悪いものではなさそうにも思えるのですが、実際は細胞を錆びつかせる、つまり細胞を老化させてしまうもので、できるだけ体内で活性酸素が発生しないように注意しなければならないものです。

水素水で、この体調不良の原因ともなる活性酸素を除去できるというのですから、飛びつく人は飛びつきますよね。
水素水を飲むと体内に活性水素が作られるのですが、この活性水素が活性酸素を除去する効果があると言われています。

活性水素の効果はほんの数秒

体内で活性水素が発生しても、その効果はなんと1/3秒しか持続しないとされていますから、活性水素を発生させる水素水を飲んでも、実質的な効果はあるやなしや・・・です。あまり効果は期待できないと考えてもいいのではないでしょうか。

水素分子は、パッケージングの段階でなくなっている?

水素水を製造する段階で、水に水素を充填し、水素水をレトルトパックやペットボトルに注入するのですが、この時点で水素分子の大部分が抜け出てしまっているとされています。その為、水素水販売会社では、水素が抜けないようにパッケージングをしっかりとしていることが強調されています。しかしそれでも水素が全くもれないようにすることは難しいようです。

スポンサーリンク

水素水のテレビCM

女優の一路真輝さんのCM、よくやっていましたね。「私はこれがどんぴしゃ!」っていってたけど、今となっては笑ってしまいますね。水素水で体調がいいなんて本当に思っていたのかどうかわからないですね。水素水で活性水素が体内で発生し、活性酸素を除去する効果があったとしても、自覚できる「気持ちの良さ」があるかどうかはなかなか疑問が残るところです。テレビCMでは、本人が本当にいつも水素水を飲んでいるのかどうか不明ですし、水素水を飲んだ感想も本人の感想なのか、セリフなのか一般人は判断できませんね。

水素水の広告HPには健康効果の記載はなかった!

水素水販売会社のHPには、高濃度の水素水であることがアピールされています。また、高濃度の水素が抜けにくいことも書かれています。このことについては、実際にそのようであれば特に問題はないでしょう。

飲みやすさや、ミネラル成分の豊富さ、値段のやすさ、お買い得感が特に強調されています。しかし健康に対してどんな効果があるのかということは記載されていないのです。私が見たHPでは、健康効果は全く記載されていませんでした。水素水を飲むと、デザインされたHPのイメージから、健康や美容に効果がありそうな感じは伝わってくるように思います。イメージ戦略は非常に巧みです。しかし健康や美容の効果については触れられていないのです。水素を逃さないパッケージ技術の凄さばかりが強調されています。

更に非常に高額な価格設定を安く感じさせるようにも書かれています。単なる水よりも、若干水素分子が多いだけで、普通のペットボトルのミネラルウォーターの数十倍から200倍ほどの値段設定は驚異です。

まとめ

芸能人が使っているから、HPの健康イメージの印象が非常に良いからなどということで、実際は効果がなかったり、ほぼ効果のない高額健康商品を買わないように、私は注意したいと思いました。水素水商品だけでなく、このようなイメージ戦略が巧みで事実上健康効果が少ない「健康商品」はたくさんあるかもしれません。一つ一つ全部検証することはできませんが、自分で調べてみる努力は惜しまないようにしたいと思いましたよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています