アイスクリームは夏が最も売れ行きがいいのですが、最近では冬でもしっかりと販売数が上がっている商品です。冬、温かい部屋で冷た~いアイスクリームはなかなか美味しく感じるのではないでしょうか?

アイスクリームが大好きで季節を問わず1日1個以上食べる人も実際にたくさんいます。たまに食べるならいいかもしれませんが、実は「アイスクリーム」に潜む危険性もあることを知っておいてほしいのです。アイスクリームは、医者が絶対に食べないと言われている食品の一つでもあると言われています。

アイスクリームの何が危険性があるのか、なぜ食べてはいけないとまで言われているのか、知識と知っていれば、あまり頻繁に食べようとは思わなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

アイスクリームの危険性

種類で違う使用原材料

「アイスクリーム」は大きく分けて3種類のグループがあります。
使用される乳成分の量によって「アイスクリーム」と「アイスミルク」と「ラクトアイス」に分けられるのです。
特に「アイスクリーム」は乳固形分と乳脂肪分が原材料として使用されているものです。
アイスクリームのカップに「種類別」という表示がありますので、今度買う時にはぜひチェックしていてください。

日本アイスクリーム協会による規定では、「アイスクリーム」は3種類の中で乳固形分と乳脂肪分が最も多く使用され、ミルクの風味を感じるものとされています。
そして、アイスクリームの種類の中でも注意すべき成分を含んでいるのは「ラクトアイス」です。

「ラクトアイス」の食感が軽いのはなぜ?

アイスクリームなら、どれでもほぼほぼ成分は同じと思っていませんか?私は、このことを知るまで、知らないどころか全然気にしていませんでした。

ラクトアイスって、ちょっと「濃さ」が足りないというか、若干水っぽい感じがするなぁと思っていたのは、乳脂肪分がほとんど使用されていなかったということが原因だったのかもしれません。普通のアイスクリームより、ちょっとサラ~っとっした食感がしていました。もっと言うと、ちょっと「安っぽい味」にさえ感じていました。

ラクトアイスの「油」が危険!

ラクトアイスは「アイスクリーム」の中でも、最も乳脂肪分が少ないのですが、それだけなら、特に問題ないように思いますよね。
実は乳脂肪の代わりに大量の「植物性油脂」が使用されています。
「植物性油脂」が使われていても、「あーそうですかー」と思うだけだと思います。

この「植物性油脂」こそがとても危険な成分だったのです。
アイスクリームカップには使用材料として、パーム油やヤシ油と表記されていますが、
その正体は「トランス脂肪酸」なのです。

トランス脂肪酸の危険性

別記事でも紹介しましたが、トランス脂肪酸は多くの加工食品に使用されている「油脂」で、非常に危険な成分であると言われています。
参考記事:トランス脂肪酸がバターやマーガリンに含まれている怖さ

トランス脂肪酸の分子構造は、人体では処理しにくい構造になっていて、いったん体内に入ると非常に排出されにくく、体内に蓄積されていくと言われています。

米国では、「トランス脂肪酸」の規制が非常に厳しく、2018年には全廃する方向に進んでいます。
日本では「トランス脂肪酸」の表示義務がないということもあるのですが、食品に「トランス脂肪酸」が使用されていても、「トランス脂肪酸」とは表記されていないのです。

実際には、ショートニングやファストブレッドという表記になっていますが、この食材の中にこそ「トランス脂肪酸」が含まれています。加工食品や菓子パン、お菓子類に多いんですよ。注意しましょう。

アイスクリームの添加物

アイスクリームは、モノによっては食品添加物が山のように入っているのです。アイスクリームは人体に最悪の食べ物だと言っている医者もいるほど。

アイスクリームの添加物には・・・

  • 砂糖・ブドウ糖果糖液糖・水あめ・コーンスターチ・食塩・植物油脂・デキストリン・加工デンプン・大豆由来の乳化剤・香料・増粘多糖類・着色料・クチナシ色素・アナトー色素・安定剤(ペクチン)

すべてのアイスクリームにこれらの添加物が入っているわけではありませんが、こんなに多くの添加物が使用されていいることも知っておいた方がいいのではないでしょうか。
アイスクリームよりもアイスミルク、アイスミルクよりもラクトアイスに、より多くの添加物が含まれていると考えてよさそうです。

スポンサーリンク

添加物の「増粘多糖類」という表示の裏事情

増粘多糖類は、食品に粘り気やとろみを出すために使用される食品添加物です。中には「多糖類」だけを使用している食品があり、その場合は使用している多糖類の具体名を表示しなければならないことになっています。

しかし2種類以上の「多糖類」を使用する場合は、「増粘多糖類」という一括名表示で良いことになっており、どんな添加物が使用されているのか、その具体名を消費者は知ることができないのです。知っているのは製造者だけなのです。

アイスクリームを医者が食べない本当の理由とは?

最近ではテレビの健康番組がとても増えた気がします。民法のテレビ番組では、医者たちがひな壇に座って、あれやこれやと健康情報を言ってくれます。

しかし、テレビでは絶対?言わないことも多くあるはずなのです。
例えば「トランス脂肪酸とはこんなものですよ」「アイスクリームの成分にはこんなモノが入っていますよ」とは言うのですが、これらの食材が使用されている商品名を挙げることはありませんね。当然、テレビのスポンサーが関係しているのだと思います。

しかし、医者は危険成分が含まれた商品をよく知っており、決して食べないのです。絶対食べないとは言い切れませんが、このような知識がありますから遠ざけることができますね。

まとめ

アイスクリーム、特にお安いラクトアイスは実は体に良くない食べ物なんです。それでも私は、たまには食べますよ。でも本当は気を付けなければいけません。

食品添加物の入っていない食品ばかりを選別して生活している人もいるのでしょうが、現代人の食事情ではそんな生活はなかなか厳しいですね。私は、アイスクリームだって、加工食品だって、多少は(時には多いかも^^;)食べますが、加工食品に偏らない食のバランスがとても大切だと感じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています