赤ちゃんとのお出かけは、ベビーカーとは限りません。抱っこ紐も非常に良く使うアイテムです。とても便利な抱っこ紐ですが、夏に使う場合には、蒸れや暑さ対策などちょっとした工夫が必要です。赤ちゃんはもちろん、ママも快適な状態で外出したいですね。
夏の赤ちゃんの抱っこ紐の暑さ対策とグッズを紹介しますので参考にしてください。

スポンサーリンク

赤ちゃん抱っこ紐の暑さ対策とグッズ

おでかけの時間帯を考えましょう

真夏の猛暑の時期でも、買い物や、病院など出かけなければならない用事はたくさんあるものです。そのようなときは、出来るだけ出かける時間帯を考慮しましょう。

真夏は朝7時頃から気温は30℃近くになることもあります。お昼前後は気温が最も高くなる時間帯ですから、朝10時頃から午後4時頃までは赤ちゃんとのお出かけを控えるようにしてあげてください。

それでも出かける必要があれば午前中です。真夏は夕方になっても、アスファルトにこもった輻射熱がまだまだ熱いからです。

抱っこ紐に日よけのケープやブランケットを!

真夏に赤ちゃんとお出かけするときは、抱っこ紐と日傘の組合せが多いのではないでしょうか?日傘はもちろん日よけになるのですが、どうしても片手がふさがってしまい、荷物が多くなるとなにかと不便を感じますよね。

こんな時「ケープ」を使ってみてください。ケープを赤ちゃんにすっぽりかぶせることになるのですが、真夏にケープはさらに暑くなるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、ひんやり素材のアイスブランケットなら、日よけだけでなく遮熱効果も高く、紫外線もカットできます。直射日光で赤ちゃんの体温上昇を防ぐことが出来ますし、熱中症の予防にもなります。

アイスブランケットは触ってみるととてもひんやり感があります。日傘を使うことなく両手が自由に使えることはママにとっては便利なことではないでしょうか。
日傘を使わなくても、当然ですが赤ちゃんの帽子は必需品ですよ。

↓楽天市場の参考商品

 

赤ちゃんの背中に冷却シート

抱っこ紐と赤ちゃんはピタッと密着している状態です。もちろんママともお腹が密着していますね。赤ちゃんは抱っこ紐の中で、背中もお腹も汗をかき、そのままのの状態だと、蒸れてきて赤ちゃんはぐずり出します。

赤ちゃんはとても暑がりで、まだまだ自分で体温調節もできない状態です。

抱っこ紐と赤ちゃんとの間、もしくは赤ちゃんとママとの間に、汗取りパッドや、抱っこ紐の背中用冷却シートを入れておくと少しでも快適に過ごすことが出来ます。熱中症の予防のためにも、赤ちゃんが涼しく過ごせるようにいろいろと工夫してあげましょう。

↓楽天市場の参考商品

 

水分補給を忘れないこと!

抱っこ紐と、日よけ対策をしっかりしたからといって、真夏のお出かけはまだまだ安心できません。大量の汗をかくため、水分補給は欠かせません。こまめにお水をのませてあげるようにしましょう。

簡易保冷剤として350mlくらいの小さなペットボトルに水をれて凍らせ、それをタオルで巻いて外れないようにして、赤ちゃんに持たせてあげてもいいでしょう。

買い物はネットとパパにまかせる!?

乳児がいる場合は、買い物はネットも大いに活用したいところです。ダイエーやイオン、西友、ライフなど多くのスーパーがネット販売をしています。
時間帯指定で、4~5つの時間帯で配達してくれますから、とても便利です。

それと豆腐や牛乳などの日配品はパパに頼んでみてはどうでしょう。パパも真夏の帰宅時は特に仕事でくたくたなはずですが、赤ちゃんの体を真夏の直射日光にさらすことを考えると、出来る日だけでもパパに買い物をお願いしてみましょう。

まとめ

真夏、しかも猛暑の時期は、買い物はなんとかパパに頼んだり、ネットの利用も出来るのですが、赤ちゃんの検診のための病院はどうしても行かなければなりませんね。絶対必要な外出以外は、家で涼しく過ごさせてあげるのがベストですね。

外出時は出来るだけ、赤ちゃんの暑さ対策はもちろん、ママ自身も結構体力使いますし、汗だくになりますから、しっかりと自分の暑さ対策も考えておくようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています