ラウレス硫酸naはシャンプーや歯磨き粉に入っている界面活性剤の一種です。髪や頭皮によくないとか、刺激性が強く危険性が高いとも言われています。あまり評判の良くない成分のようです。特にシャンプーの成分としてラウレス硫酸naが使用されている場合は注意した方がいいかもしれません。ラウレス硫酸na=ラウレス硫酸ナトリウムです。

ラウレス硫酸naの安全性・危険性、また、なぜ髪や頭皮に悪い成分だと言われているのかレポートします。シャンプーを選ぶときの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ラウレス硫酸naとは?

界面活性剤の一種

「界面活性剤」とは何か?何となく字面から意味を想像できるかもしれませんね。界面とは境界となる「面」のことです。

シャンプーの主な成分は「水」と「油」でできています。もちろんハーブや保存料なども入っていますが、「油分」は水と混ざり合うことがありません。水と油ははじきあって混ざらないのですが、シャンプーという商品を作るためには「水」と「油」をきれいに混ぜ合わせる必要があります。

水と油を一緒に入れると、油は水より比重が軽いために水の上に浮いている状態になります。この水と油の境界面を活性化させて混ぜ合わせるために、「界面活性剤」を使用することになるのです。

合成界面活性剤

界面活性剤には「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」があります。市販のシャンプーのほとんどは合成界面活性剤が使用されています。

天然の界面活性剤は主に卵のレシチンや、サポニンなどがそれに当たりますが、シャンプーの界面活性剤として使用されていることはほとんどありません。ヤシ油も界面活性剤で、一見天然の界面活性剤のようですが、原料としては天然のものであっても、化学反応を起こして生成するため合成界面活性剤に分類されます。

ラウレス硫酸naも合成界面活性剤に分類されます。ラウレス硫酸naは石油から科学的に合成された鉱物系の合成界面活性剤なのです。

ラウレス硫酸na安全性と危険性

高級アルコール系界面活性剤

ラウレス硫酸naは「高級アルコール系の界面活性剤」に分類されます。「高級」なら、とくに問題なさそうに思いませんか?むしろ安全性も高いのではないかと思うかもしれません。シャンプーボトルの裏面に書かれていることもあります。
しかし「高級」の表示に惑わされてはいけませんよ!

実は、ラウレス硫酸naは化学式で表示すると、「炭素」の数が多いのです。分子構造の化学式に炭素が6つ以上あると、それを「高級」ということになっているのです。ラウレス硫酸naは分子構造に「炭素」が6つ以上あるというだけで「高級アルコール」という名前になっているのです。

一般の人が「高級」という名前から想像するのとは全く違った意味になっています。こんな、人を惑わせるようなネーミングを堂々と商品に表示するなんて、いかがなものかと思いますね。

「高級」は有害性が高い

高級アルコール系界面活性剤は石油を原料にして作られていることが多いのですが。ヤシ油などからも「高級アルコール系界面活性剤」を作ることができます。有害性の高い成分であると言われています。

ラウレス硫酸naは頭皮への刺激が強い!

敏感肌の人は要注意です。ラウレス硫酸naは洗浄力が強力で、同時に脱脂力も強いため、必要以上に頭皮の油分を奪い取ってしまいます。刺激も強いため、肌の弱い人や、頭皮の健康状態が気になるなら、「ラウレス硫酸na」が使用荒れているシャンプーは避けるようにしましょう。

「ラウレス硫酸na」に似た名前で「ラウリル硫酸ナトリウム」という界面活性剤があるのですが、この2つはほぼ同じような刺激性の強さがありますから注意しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

シャンプー購入時の注意点

安価で容量の大きいシャンプーに注意

「ラウレス硫酸na」は洗浄力・脱脂力の強さから、脂性の男性にはこれが適することもありますから、絶対的に悪いというわけではありません。しかし皮膚が弱く髪や頭皮の健康を考えるなら、気を付けておいた方がいい成分です。

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーでは、大容量の割には価格の安いものがありますが、これらのほとんどに「ラウレス硫酸na」が使用されています。

「ラウレス硫酸na」自体、非常に安価で生産できるため、ラウレス硫酸naを使ったシャンプーは安価で販売できるのです。
テレビCMで宣伝されてる有名なシャンプーも大半は「ラウレス硫酸na」が使われていますよ。ボトルの裏面の成分を見て確認しましょう。

シャンプーボトルの裏面の成分の見方

シャンプーの成分が、非常に小さな文字でズラズラと成分が書かれているのを見たことがあると思います。これらの成分は、使用されている「量」が多い順に列記されていていますが、その成分が何パーセント含まれているかまでは表示する義務はないようです。

「水」が最も多い成分で最初に表記されていますが、注意してほしいのは、最初から3~4番目までの成分に「ラウレス硫酸na」や「ラウリル硫酸na」と表示されているかどうかです。ここを見て判断するといいと思います。

髪や頭皮にやさしいシャンプーとは?

「アミノ酸系シャンプー」に分類されるシャンプーは髪や頭皮にやさしいシャンプーだと言われています。また、界面活性剤の中でもタウリンから作られている低刺激性の界面活性剤である「ココイルメチルタウリンNa」も頭皮にやさしいシャンプーです。

個人的な意見ですが、アミノ酸シャンプーは低刺激で良いのですが、流しても流してもヌメリがなかなか取れないのがちょっとしたデメリットではないかと思います。もちろん個人差はあると思います。

まとめ

参考記事:「育毛シャンプーにその効果は?ほぼ無いのです!
「ラウレス硫酸na」は絶対的な「悪」ではないけれど、よほど肌質の強い人や、脂性でない限り、刺激性の高い成分ですから、肌の弱い人は避けた方がいいですね。また、ラウレス硫酸naの分子は非常に小さく、毛穴からも浸透しやすいと言われていますので注意が必要でしょう。化学合成された成分ですから、髪や頭皮だけでなく健康に良い成分ではないですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています