エプソムソルトで痩せる、デトックス、ダイエットできる、美肌になるなど健康美容に関する様々な効果効能があるといわれていて、エプソムソルトは今人気急上昇中です。エプソムソルトは主に入浴剤として使用することで美容健康効果があるのですが、中には肝臓に溜まった毒素排出、肝臓洗浄デトックスのために利用する方法もあります。しかし肝臓洗浄デトックスのためのエプソムソルトの使用は民間療法で、医療行為ではありません。しっかりした指導者のもとで使用したほうがいいですね。
ここでは、エプソムソルト入浴の効果効能や使い方、美肌を作る方法、ダイエットに利用する方法について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

エプソムソルト入浴で美肌を作るために

お湯に重曹を入れる

エプソムソルトは無臭のサラサラの白い粉状のバスソルトといわれる入浴剤の一つです。浴槽に入れることですべすべの肌を作るのですが、重曹を加えることで少しお湯に粘性が出てデトックス効果がプラスされて、より美肌効果が高まるといわれています。粘性といっても、重曹を入れないお湯よりは若干とろ~っとするかなという程度です。

重曹の量と質

重曹は弱アルカリ性で、炭酸水素ナトリウム・重炭酸ソーダともいわれるもので、肌や環境にとても優しい無機物質です。もちろん人畜無害!

浴槽にはエプソムソルトと、大さじ2~3杯ほどの重曹を入れるだけです。たくさん入れると美肌効果が高まるというわけではありませんので、大さじ2~3杯で充分です。ただ肌が弱い方には、若干刺激を感じる事もありますから、少量から試してみた方がいいですよ。
エプソムソルトに加えるなら食用の重曹が安心です。

楽天広告

 

重曹の肌ツルスベ効果

毛穴に詰まった皮脂や汚れを、お湯につかっているだけで取り除いてくれます。背中など手の届かないところでこのように働いてくれるのは、嬉しい効果ですね。
重曹はお湯につかっているだけで角質を柔らかくしますので、わざわざごしごしこすることはありませんよ。また美肌効果ではありませんが、体を芯から温めますので冷え性の女性には特におススメです。

クエン酸を加えて炭酸風呂に!

エプソムソルトと重曹に、さらにクエン酸を加えることで、重曹とクエン酸が反応して炭酸ガスが出ますので、シュワシュワ~っとした炭酸風呂になります。炭酸の泡が肌に当たるので、お湯につかっているだけで肌表面の汚れを細かく取ってくれます。

重曹1に対してクエン酸1の割合で入れますが、お湯の温度が高いと炭酸が早く抜けてしまいますので、38℃程度のお湯でゆっくりつかっているのがいいと思います。

スポンサーリンク

エプソムソルトの効果効能

美肌効果

エプソムソルトはソルトとはいうものの「塩」ではなく、海の成分である硫酸マグネシウムがその主成分です。見た目とその由来が「塩」っぽいので、「ソルト」というネーミングになっているようです。

硫酸マグネシウムであるエプソムソルトは、発汗作用を促進するため、お湯の中でしっかりと汗を流すことが出来ます。新陳代謝が良くなりますので、代謝アップにつながります。代謝がアップするということは、老廃物を排出する効果も高まるのです。この代謝アップ効果はお湯につかっていることで、日常生活の中で体がデトックスしやすい環境に変わっていくということです。
お湯につかっている、その時点では、重曹の美肌効果の方が断然高いといえます。

ダイエット効果

美肌効果で触れたように、デトックス効果によって、体内に余分な脂肪をため込みにくい体に変わっていきます。また、硫酸マグネシウムは体を温める作用があるために、体内の酵素の働きを調整し基礎代謝をアップさせます。基礎代謝が上がるということは、何もしない、体を動かさない状態でもその代謝量が上がるということですので、当然ダイエット効果が期待できるのです。

エプソムソルト入浴法

ぬるめのお湯(38℃~41℃)にエプソムソルト約200gを入れるだけです。あとはゆっくりと20分ほどお湯につかっているだけです。その間、発汗作用で汗がたくさん出ますので、ペットボトルのお水を持ち込んだり、入浴後の水分補給は充分にしておきましょう。

毎日エプソムソルト入浴をしてもいいですが、体の様子を自分で感じながら週2回位から始めてみるといいと思います。

まとめ

エプソムソルト入浴は、エプソムソルトだけでも代謝アップや美肌効果が期待できますが、重曹やクエン酸を加えることで、さらにその効果が高まるだけでなく「温泉気分」が加わりますね。気分的なことって、体をリラックスさせるためにはけっこう大切だと思いますが、どうでしょうか?ダイエット、ダイエット、美肌、美肌・・・ってやらない方が逆に効果的だったりするかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼こちらの記事も読まれています